エシュロン NANO-FIL FE-1043


従来、ガラス被膜は、硬度に価値を求める傾向がありましたが、


この製品は逆に高度ではなく柔軟性を持たせることで塗装面への追従性や


スクラッチからのダメージを軽減するという新たな構造でコーティング被膜として非常に高い性能を発揮します。


トップレベルの膜厚感


1043NANO-FILはボディーコーティングとして、全く新しい構造である「3Dネットワーク構造被膜」を開発しました。


従来の網目構造の中に「直鎖結合」を組み込むことで、


高硬度な被膜性能を維持しながらも高い追従性のあるしなやかさを併せ持った、より体感できる性能を生み出します。

 

硬さとしなやかさを併せ持つという不可能を可能にし、高性能なコーティングへと進化したECHELON 1043NANO-FILは


「インパクトのある膜厚感」


「シミを防ぐ超滑水性」


「従来を凌駕する耐候性」


といったコーティングとして求められる最も重要な機能を実現しています。

 

●トップレベルの膜厚感と濡れたような重厚な艶を得られます。


●独自の滑水性被膜を形成し、ウォータースポットや汚れの付着を軽減します。


●シロキサンを主成分とし加水分解と架橋反応によってガラス被膜を形成します。ことに成功しました。


架橋剤の加水分解


架橋剤の官能基が空気中の水分と反応し脱離加水分解し、


反応性の高いシラノール基(SiOH)を生成します。

 

シラノール基をもつ架橋剤と主材の官能基が反応して


ポリマー間の架橋が進行し、硬化被膜が形成されます。


驚愕の高硬度柔軟性3Dネットワーク構造被膜


NANO-FIL最大の特徴は


・初期安定性による被膜へのダメージの軽減


・圧倒的な膜厚感


があります。

 

また、ガラスでありながら柔軟性を持つという新開発の3Dネットワーク被膜構造にあります。


この開発の最大のポイントは、ガラス被膜や被膜硬度といったスペックにこだわるのではなく、


コーティングの基本である、塗装を保護し美感を長期間維持するということを追求したことです。


その結果としてこれまでにない新しい概念の被膜構造が誕生しました。

 

従来のガラス被膜構造は、均一な立体架橋構造を持った単一的な被膜で、


ガラス被膜としての硬度は十分に発揮できますが、


柔軟性に欠けており、塗装面への追従性の限界やキズなどのダメージに対する回避能力に劣る部分がありました。

 

それに対して新開発の3Dネットワーク被膜構造は、


三次元網目構造のガラス被膜中に均一で直鎖構造を持った強固なつなぎ目が存在することによって、


ガラス被膜としての硬度を保ちつつ、優れた柔軟性と塗装面への追従性を実現しました。


インパクトのある膜厚感と濡れたような光沢

被膜の特性


硬度と柔軟性を併せ持つ3Dネットワーク構造被膜だから実現できたインパクトのある膜厚感。


塗装面上に濡れたような深みのある光沢は見る者を魅了することでしょう。

 

また、この被膜は紫外線領域に吸収を持たないため、


被膜の劣化を極限まで抑え、黄変を防止することで高い透明度を維持して、被膜の光沢が長期間持続します。


最新技術を駆使した超滑水被膜


NANO-FILの超滑水被膜は、美しさと機能性を両立した新しい形のコーティング被膜です。

 

車の光沢感を維持するための一つの性能として水滴の弾き方がポイントとなってきます。


超滑水被膜の水滴は楕円形でレンズ効果が出ない形状をしていますが、


撥水被膜の様に容易に水滴が流れ落ち、塗装面上に汚れが固着しづらい特徴を持っています。


裏付けされた従来を凌駕する耐候性


3Dネットワーク構造被膜は、


従来の有機高分子骨格を形成するようり大きなシロキサン結合をベースにした三次元架橋構造を主骨格に持ち、


塗装に影響を与える糞害、黄砂、樹液、酸性雨などの外的要因によるダメージを最小限に抑えて圧倒的な耐候性を発揮します。

 

また、その裏付けとして、3年以上の長期に亘り実車でのテストを繰り返しながら、


第三者機関でのサンシャインウェーザーメーターによる促進暴露試験を始め、


各種耐久性試験をクリアしその優れた性能が客観的に実証されています。


エシュロン NANO-FILについて記事一覧