当店のこだわり|埼玉のガラスコーティング専門店「POLARIS」

「POLARIS」では塗装状態やキズの多少で料金に差をつけません!

艶、耐久性のバランスが高く日常のお手入れも比較的ラクなコーティング剤を使用!

埼玉でガラスコーティングをお探しでしたら

安い価格でご提供している「POLARIS」にお任せください。

 

コーティング屋さんは数多くあります。

 

近隣には超が付くような有名店様や、そこそこ長く営業されている老舗店舗様もあり、近所のスタンドでも今はほとんどコーティングメニューがあります。

皆様それぞれ、独自にこだわりなりポリシーなりを持っていらっしゃると思います。

 

そんな地域に新規参入するにあたり当店はこれだけは曲げない!というこだわりを持って自らにルールをつくりました。

 

 

塗装状態やキズの多少で料金に差をつけているショップさんは多いです。

正直、新車から数か月のお車と10年以上の経年車では磨きにかかる時間は倍以上違います。

 

しかし同じお車で料金に差があるとご自分のお車がどの磨きレベルでいくらなのか?

HPを見ただけではわかりません。

当店は新車と経年車の区別はつけていますが、経年車で同じ名前のお車で料金に差はつけません。

 

例 H28年式ノアとH18年式ノアは同一料金です。

 

当HPを見ていただいている方はご自分のお車をコーティングしようとお考えの方がほとんどだと思いますが、

1台1台お見積り依頼をいただかなくても当HPを見ていただけただけでご自分のお車の料金がおおよそわかるようにしています。

 

取れるキズは可能な限りとります(下地処理(2)参照)

 

料金が一律だから磨きもマニュアル通り・・ではありません。

板金が必要なレベルのキズや下地まで見えているようなキズはコーティングの磨きではとれませんが

1台1台のお車に合わせ最適な状態に仕上げます。

 

磨き・・とは言いますが、自動車の塗装は新車の時から磨けば磨くほど薄くなっていきます。

コーティングの下地処理で磨くのは数ミクロンの世界で通常は問題になるレベルではありませんが、

それでもなるべく磨かない方が塗装を削りません。当店はキズがとれるギリギリのレベルでなるべく塗装を削らないように磨きます。

 

そのためにポリッシャー、コンパウンド、バフの組み合わせから拭き上げのクロスまでこだわっています。

※磨きすぎると塗装が荒れるくらい塗装状態が悪い場合はあえて深いキズは残る程度に磨き、全体の塗装を整える方向で磨くこともあります。

 

 

ガラスコーティングについて

 

コーティング剤はガラスコーティング以外でもフッ素系やシリコン系等、今はいろいろあります。

 

艶だけを求めるなら今でもカルナバロウのWAXが1番です。ツヤツヤします。しかし一雨で落ちます。

耐久だけを求めるなら5年耐久を詠うコーティング剤も出てきました。

 

当店では厳選したガラスコート剤をご用意しております。
現在は2種類(X−OVER /エシュロンNANOFIL)です。
X−OVERコーティングは最近のモデルの商品ではございますが、
とてもご好評をいただいております。

 

艶、耐久(持ち)のバランスはもちろん、日常のお手入れが比較的ラクなものを選んでおります。

コーティングしたら何もしなくても〇〇年持つ・・と思っていらっしゃる方もいるようですが、それは間違いです。

車庫に入れっぱなしで乗らないなら別ですが、日常的に使用するのが自動車です。

日常的な洗車やメンテナンスは必須です。

 

高額な定期メンテナンスや日常のお手入れで、お客様が使う時に難しいメンテナンス剤を使わなければいけないようなコーティング剤は

当店のスタンダードとしては採用していません。

 

※詳しくはメニューの「エシュロン NANO-FILについて」をご覧ください。

X−OVERコーティングの記事は現在準備中の為お問い合わせください。

 

定期メンテナンスについて

当店では定期メンテンス作業もお受けしております。

 

当店でのメンテナンスは5,000円コースと8,000円コースをご用意しております。
LLサイズ・LXサイズのお車は1万円のみのコースとなります。
さらにお客様ご自身ができるメンテナンスとして、当店オリジナルメンテナンス剤もご用意しておりますので、店頭にてご購入いただけます。(オンラインショップは現在準備中です。)

 

専用メンテナンス剤として作業後にプレゼントしてくれるお店もございますが、

実際のところお客様が施工するとかえってシミがついてしまう難しいものを十分な説明もなく簡単にお渡しているお店も多く見受けられます。

シャンプーひとつ、メンテナンス剤ひとつ、十分な説明が大切だと考えております。