@塗装状態とキズのチェック

お車をお預かりする時に、塗装状態とキズのチェックをしっかりします。


下地が出ているキズや、凹み等、板金レベルのキズ等、磨きでは取れないキズがある場合


お預かりする前にしっかりチェックし、丁寧にご説明いたします。

 

A最初の洗車

まず、お預かりしたお車に付いた汚れやほこりを羊毛ミトンと専用シャンプーでやさしく洗い流します。

B鉄粉取り

洗車後、ボディにささった鉄粉や付着したタール等を専用溶剤、ねんど等を使用して除去します。


鉄粉は量の多少はありますが新車で納車後3日のお車でも必ず刺さっています!


この作業をおろそかにするとポリッシャーで磨く時にキズを付けてしまう原因になったり、


最後の仕上げでツルツルの鏡面にトゲが刺さったような状態になってしまいます。

Cドアミラーやエンブレム、パネルの合わせ目等の汚れ落とし

次にドアミラーやエンブレム、窓枠のゴム部分やパネルの合わせ目等


ポリッシャーでは磨ききれない細かい部分を専用の溶剤と柔らかいブラシでキズを付けないように時間をかけてじっくり汚れを落としていきます。

 

また、溶剤が業務用の強力なものなので、ボディに付いたまま乾いてしまうと塗装面を痛めるおそれがあるので、常時水で流しながら作業します。

 

当店ではお車の状態によってはこの作業だけで最大5時間程度かけることもありますが、


見ようによっては目立たない部分なので他ショップさんではさっと流してしまうショップさんも多い部分です。

 

地味で細かい作業ですが、手を抜くと仕上がった時になんとなくパッとしない印象になってしまうのがイヤで


当店では仕上がりに差が出るとても大事な作業ととらえています。

 

Dホイールの汚れ落とし

ホイールもここで専用溶剤とスポンジを使用し鉄粉、プレーキダスト等汚れ落としをします。

E2度目の洗車

前工程で汚れ落としの為、強力な溶剤を使用するので、常時水を流しながらの作業ではあるのですが


細かい部分にも残さないようにここでまたシャンプーと羊毛ミトンで洗車します。

 

拭き上げにも専用クロスを使用します。


この後の工程では水分を残さないほうが良いので、ブロアーを使い隙間の水分も飛ばしていきます。

Fマスキング作業

磨き前の最後の作業です。ポリッシャーが塗装面以外に当たらないようにマスキングしていきます。